追想的 スリランカ

残暑お見舞い申し上げます。

昨日の昼過ぎに自宅へ戻ってまいりました。

いつもは夜に戻ることが多いんだけど

今回は、バタバタしちゃって帰宅が翌日に延びちゃったのさ。

我が家の庭では、金魚の水槽で睡蓮が一生懸命に首を伸ばすように

水面の上からつぼみを出していました。


それが今朝、キレイに開花!

b0247609_13514257.jpg


あぁ、癒されますなぁ~。

オマケに金魚たち(2匹いる)も元気よく顔を見せてくれるので

思わず頬ずりしたくなっちゃいますよ。

・・・・・って、しませんけどね。(笑)


睡蓮の花を見ると、やっぱりスリランカを思い出しちゃうワケです。

スリランカには、睡蓮や蓮の花が、あちこちで見られますからね。

・・・・・で、去年のブログ(またスリランカに行っちゃったぜ!)を読み返していたら

懐かしい~~~っ!

けど、まだ完結してないじゃん!


ってことで、当時の滞在メモを探してみたんだけど見つかりませ~ん。

仕方がないので、脳内の記憶をたどりながら

続きをUPしてみようかなと。



b0247609_1421984.jpg


シーギリヤロックを登るところですね。

端っこに移ってるガイドのサナットさんが懐かしいです。

お元気にしてらっしゃるかしら?

b0247609_146630.jpg

改めて見てみるとシーギリヤロックって、本当に神々しい。

b0247609_14125559.jpg
お母さんを亡くされたばかりのサナットさん。

この日は、サナットさんご夫妻の結婚記念日でもあったとか。

「今日、シーギリヤロックへ登ることになったのも、何か理由があるのかもしれませんね。」

そんな会話をしながら、頂上を目指したこの日。

b0247609_14154375.jpg
はるか遠くまで見渡せるところまで登って来たけど、まだまだ先は長い。(汗)

b0247609_14172337.jpg
ミラーウォールが見えて来た。

b0247609_14181282.jpg
螺旋階段から見る景色は、ちと怖い。

b0247609_1435379.jpg
シーギリヤレディと呼ばれる壁画。

この女性を初めて見た時、前世の自分じゃないかと思った。(笑)

何故なら、アタシと同じように鼻の下にホクロがあったから。Σ(´∀`;)

ちなみに、この女性はインド人ともスリランカ人とも言われてますが

アタシの前世はインド人なので、インド人じゃないかと。(勝手な想像w)

b0247609_1440868.jpg
b0247609_14414127.jpg

左の人はアフリカ人なんだとか。

飛行機もない時代に、どうやってここまで連れて来られたんだろうか?

b0247609_1444193.jpg

b0247609_14461459.jpg


b0247609_14482996.jpg
やっとここまでたどり着けた。

背の高いCHRちゃんが小さく見えま~す。

b0247609_14552310.jpg
サナットさんと記念撮影。

色黒なアタシもスリランカじゃ「スドゥー」(白い)と呼ばれる。

b0247609_1513310.jpg
やった~!頂上だ~!

CHRちゃん、シーギリヤロック初登頂の瞬間♪

b0247609_1544450.jpg
王妃のための玉座。

昔は、女性のみ、ここに座ることが出来ましたが、現在は誰も座ることが出来ません。

b0247609_1585984.jpg
ほら!あった!睡蓮池。




『スリランカに行きたい病』再発~~!
[PR]
by sundary | 2013-08-16 15:18 | スリランカ