いい加減、終わりにしようぜ~!

・・・・・と思ってはいるんです。

時間の経過とともに、記憶はどんどん薄れていきますしね。

ざっくりとしたメモは取っておきましたが

いやいや、読み返してみると忘れちゃってることが多い!多い!


これまでに書いたこと読み返したら、トイレの話、前にもしてるし!(バカ)



ってことで、続きです。


前の晩、疲れていたせいかPasidu(ホストファミリーの一人息子君ね)よりも早く寝てしまったらしく

7時前に、すっきりと起床。

顔を洗っていたら、Rasikaに呼ばれた。

「今日は、Tomokoが日本に帰っちゃうから挨拶に行くわよ!」

ち、ちょっ・・・・・・!!!(゚Д゚;)

タオルで顔を拭きながら、Rasikaに連行される。

荷造りを終えて、迎えの車を待っているTomokoさんがいました。

そばには、悲しくて寂しくて涙ボロボロのホストファミリーのアンマ(明るい29歳)

そうだよな、もう会えないかもしれないんだもの寂しいよな。

そんなしんみりとした時なのに

スッピンで、タオル片手にTomokoさんのお見送り。

ま、アタシは日本で会えるからいいか。

そんな状況だったので、肝心のデジカメは持参しておらず

タオルを握りしめ「日本で会おうね~~!」とお別れしたのでした。


いや、実際はね

「アタシも一緒に日本に帰りたい~~!」

今回は、マジでそう思って、言ってしまいましたよ。

それぐらいにTomokoさんとのスリランカ生活は大盛り上がりな日々だったよなぁ。


その日は、幼稚園の先生宅で井戸のシュラマダーナ。

ほぼ井戸は出来上がっていて、モルタルで回りを形作って行く作業をいたしましたが

まずは、砂とモルタル混ぜ混ぜ作業。


b0247609_14303539.jpg
             キリアンマ(藤井さん)大活躍!

「若い頃、畑仕事とか、たくさんやって来たから慣れてるのよ~」

尊敬の一言です。

b0247609_14405202.jpg
                  チャーマラには、日本人っぽくピースサインをさせました♪


F倉さんはというと・・・・・

さすがお坊ちゃま育ち!

モルタル混ぜ混ぜの、あまりのぎこちなさに写真すら撮ってません。

ご本人直々に、写真撮影に専念なさってました。

b0247609_14500774.jpg
              今度会う時は、お坊ちゃまと呼んでやろうかしら?w
                

こうして、スリランカの職人さんが仕上げてくれて

b0247609_15043784.jpg
               こんなに立派な井戸が完成!



うわぁ~~!

全然進まない!

年内に完結出来るんだろうか?(゚Д゚;)








[PR]
by sundary | 2017-12-05 15:14 | スリランカ | Comments(0)

もう、うかうかしてられない。

早いとこ、完結させましょ!

・・・・・ってことで、続きです。


ホストファミリー宅での生活は、とても楽しいものでした。

何しろ、毎日誰かが遊びに来ては

玄関先に椅子を並べて、のんびり喋ったりしてますからね。

b0247609_12363024.jpg
              こ~んな感じ

ちなみに右端に座ってらっしゃる、けっこう貫禄のあるアンマ。

年齢の話になった時

「私は、あなたよりも年下だから、あなたのナンギよ♪」

そんなことをおっしゃるので、それからは彼女のことを「マゲ ナンギ」と呼ぶことにいたしました。

マゲ ナンギ=私の妹  です。


そんな居心地の良いホストファミリー宅ではありましたが

唯一、気を使ってしまったのが、ト・イ・レ・・・・・なのでした。

何せ、外にあるでしょ。(徒歩30秒ぐらい)

で、電気もないでしょ。(夜は真っ暗)

で、和式でしょ。(しゃがむタイプ)

流す時は、右斜め後ろにある蛇口からバケツに水を貯めてDo it your self.

当然、トイレットペーパーは常備されていませんので

日本から持ってきたトイレットペーパーを小脇に抱えて行くのです。

はい、何が一番問題かと言うと

寝る時に家のドアは鍵をかけますね。

このトイレに行くまでには、一つのドアを通過しなければ行けません。

しかも、このドア、寝る前に

しっかりと2重に鍵をかけて太い棒で開かないようにするという

恐ろしく重装備だもんで

「夜中にトイレに行きたくなったら、私に声かけてね」

とは言われたものの、ぐっすり寝ているRasikaを起こすなんてこと

アタシには出来ないぃぃ~~~!。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。

なので、何度か夜中にトイレに行きたくなった時は

コソ泥の如く、音を立てずに懐中電灯を持って

そろ~り、そろ~りとリビングを通り抜け

静かに太い棒を外し、鍵を開けて、トイレにGo~!

一度だけ、ドアの横の壁にエイリアンのような虫が張り付いているのを見て

危うく悲鳴を上げてしまうところでした。

それにしても、スリランカ人って何で夜中にトイレに行きたくならないんだろう?

お腹を壊すってことがないんだろうか?



は!

しまった!

トイレの話で終わってしまいそう!(゚Д゚;)


話題を変えましょう。

とある場所から次の目的地までの移動をする際

ある時は、ホストファミリーのトゥクトゥクに乗せてもらったり

ある時は、トラクターの荷台だったり

ある時は、トラックの荷台だったり

何だか人というよりも荷物扱いされてませんか?

・・・・・な感じがしないでもないのですが

ある日は

b0247609_12282586.jpg
             バイクの後ろでした。
                        
しかもバイクの後ろに乗らされること数回。

日本にいたら、なかなか経験できないことをさせてもらえるスリランカなのでした。


って、全然、話が進まないじゃん!
          








                                                                              










[PR]
by sundary | 2017-12-02 14:12 | スリランカ | Comments(2)

え゛

・・・・・と、思わず驚いてしまう、12月の始まり。


毎年、同じこと繰り返してる気がする。( ˘•ω•˘ ).。oஇ


2017年は、もう残るところ今月いっぱいってことですか~~!?

ひぃぃぃぃ~っ!=͟͟͞͞٩(๑☉ᴗ☉)੭ु⁾⁾

なんだか、無駄に時間を過ごしてしまったんじゃないかと

今更ながら、己のぐうたらぶりを後悔しております。

この辺まで、毎年繰り返してる気がする。

まぁ、言い訳にしかならないのですが

ここを放置している間

何をしていたかと言いますと

『国際交流のつどい』なるものがございました。

そこでは、ご来場の方々にサリィの着付けをして差し上げるという

それがまた、けっこうな繁盛ぶりだったワケです。

b0247609_13393077.jpg
             小さな姉妹。下の子はまだオムツしてま~す。

b0247609_13480905.jpg
             この二人は、たぶん小学生

可愛いから顔をお見せしたいんだけど、親御さんの了解をもらい損ねたので顔のところだけ隠しま~す。

日韓ハーフの女の子と日本人の仲良しさん。

二人の会話は英語でした。

この衣装、片方がパンツスタイルで

二人ともスカートタイプ着用をご希望。

はい、困りました。ヾ(;´Д`●)ノ

あ♬

だったら、どちらかが最初にパンツスタイルを着て

後でチェンジしたらいいんじゃない?

二人は、快くOKしてくれて

じゃあ、私が最初にパンツの方を着ま~す♪

いい子だ。

こうして、しばらくしてからお互いに交換して着ていました。

ぶっちゃけ、この衣装はスリランカじゃなくて、インドなんだけどねwww

b0247609_14172796.jpg
こんな感じで、次から次へとやって来るお客さまの対応であたふた!あたふた!

b0247609_14134102.jpg
            日本語学校に通っている、きゃぴきゃぴガールズ♪

真ん中の子はロシア人。

他の二人は台湾って言ってたかな?

この子たちが来た時、受付が混乱状態だったために(受付担当の方から聞いた話です)

少し時間をおいてから、再度来ていただいたのだけど

時間はすでにイベント終了の放送が流れ始めた頃。(汗)

それでも、せっかく来てくださったお客さまなので

ひたすら着付けをして差し上げましたとも!

b0247609_14170450.jpg
            次は、このサリィ着てみる~~💕byロシアの女の子

ぼちぼち、お片付けをしているそばで大盛り上がりだった彼女たち。

自撮りしてみたり、お互いに撮り合ったり。

「トッテモ楽しかったデ~ス!こんなに楽しいなんて思わなかっタ~~!」

「アリガトウゴザイマシタ!」

たどたどしい日本語で、嬉しそうに言ってくれました。

もう~一気に疲れも吹っ飛びますわよ、ホント!

今回は、総勢30人以上のお客さまにサリィを着つけてさしあげましたよ。

今年スリランカで購入して来た3着のサリィも大活躍!

買って来た本人(アタシだよ)すら、まだ着たことがないサリィ(ロシアの女の子が二回目に着用している)は

すでに何人もの方々が着用されているというwww

アタシが着るチャンスは、いつやって来るのだろうかというwww

生きているうちに、いつかは着てやる!


とにかく

アンマの会のメンバー、頑張りましたぞ!!!!!(≧∀≦)v


その後、個人的には孫の遅ればせの誕生日会をしたり(不二家でお食事)

スリランカから来ていたバンちゃんのお別れ会をしたり(スリランカ料理を作って、みんなでいただく)

b0247609_15190539.jpg
            その時に作ってみたアッカパーナサンボル

コレがね、期待以上に食べやすかった。

結石持ちの人、コレ食べると良いそうですよ。




これまた個人的に従妹からの依頼で

b0247609_14594144.jpg
      こんなポップデザインを描いたり(制作料もいただきましたの♪)

b0247609_15033737.jpg
こ~んなバッグも作ってみたり(*థ౪థ)



あら♪

ぐうたらしていた感があるわりには

そこそこ頑張って生きてる感も、なきにしもあらずなwwwww



さ、早いとこ、スリランカ滞在記を完結させようぜ、アタシ!





[PR]
by sundary | 2017-12-01 15:47 | スリランカ | Comments(2)