カテゴリ:スリランカ( 68 )

いい加減、終わりにしようぜ~!

・・・・・と思ってはいるんです。

時間の経過とともに、記憶はどんどん薄れていきますしね。

ざっくりとしたメモは取っておきましたが

いやいや、読み返してみると忘れちゃってることが多い!多い!


これまでに書いたこと読み返したら、トイレの話、前にもしてるし!(バカ)



ってことで、続きです。


前の晩、疲れていたせいかPasidu(ホストファミリーの一人息子君ね)よりも早く寝てしまったらしく

7時前に、すっきりと起床。

顔を洗っていたら、Rasikaに呼ばれた。

「今日は、Tomokoが日本に帰っちゃうから挨拶に行くわよ!」

ち、ちょっ・・・・・・!!!(゚Д゚;)

タオルで顔を拭きながら、Rasikaに連行される。

荷造りを終えて、迎えの車を待っているTomokoさんがいました。

そばには、悲しくて寂しくて涙ボロボロのホストファミリーのアンマ(明るい29歳)

そうだよな、もう会えないかもしれないんだもの寂しいよな。

そんなしんみりとした時なのに

スッピンで、タオル片手にTomokoさんのお見送り。

ま、アタシは日本で会えるからいいか。

そんな状況だったので、肝心のデジカメは持参しておらず

タオルを握りしめ「日本で会おうね~~!」とお別れしたのでした。


いや、実際はね

「アタシも一緒に日本に帰りたい~~!」

今回は、マジでそう思って、言ってしまいましたよ。

それぐらいにTomokoさんとのスリランカ生活は大盛り上がりな日々だったよなぁ。


その日は、幼稚園の先生宅で井戸のシュラマダーナ。

ほぼ井戸は出来上がっていて、モルタルで回りを形作って行く作業をいたしましたが

まずは、砂とモルタル混ぜ混ぜ作業。


b0247609_14303539.jpg
             キリアンマ(藤井さん)大活躍!

「若い頃、畑仕事とか、たくさんやって来たから慣れてるのよ~」

尊敬の一言です。

b0247609_14405202.jpg
                  チャーマラには、日本人っぽくピースサインをさせました♪


F倉さんはというと・・・・・

さすがお坊ちゃま育ち!

モルタル混ぜ混ぜの、あまりのぎこちなさに写真すら撮ってません。

ご本人直々に、写真撮影に専念なさってました。

b0247609_14500774.jpg
              今度会う時は、お坊ちゃまと呼んでやろうかしら?w
                

こうして、スリランカの職人さんが仕上げてくれて

b0247609_15043784.jpg
               こんなに立派な井戸が完成!



うわぁ~~!

全然進まない!

年内に完結出来るんだろうか?(゚Д゚;)








[PR]
by sundary | 2017-12-05 15:14 | スリランカ | Comments(2)

もう、うかうかしてられない。

早いとこ、完結させましょ!

・・・・・ってことで、続きです。


ホストファミリー宅での生活は、とても楽しいものでした。

何しろ、毎日誰かが遊びに来ては

玄関先に椅子を並べて、のんびり喋ったりしてますからね。

b0247609_12363024.jpg
              こ~んな感じ

ちなみに右端に座ってらっしゃる、けっこう貫禄のあるアンマ。

年齢の話になった時

「私は、あなたよりも年下だから、あなたのナンギよ♪」

そんなことをおっしゃるので、それからは彼女のことを「マゲ ナンギ」と呼ぶことにいたしました。

マゲ ナンギ=私の妹  です。


そんな居心地の良いホストファミリー宅ではありましたが

唯一、気を使ってしまったのが、ト・イ・レ・・・・・なのでした。

何せ、外にあるでしょ。(徒歩30秒ぐらい)

で、電気もないでしょ。(夜は真っ暗)

で、和式でしょ。(しゃがむタイプ)

流す時は、右斜め後ろにある蛇口からバケツに水を貯めてDo it your self.

当然、トイレットペーパーは常備されていませんので

日本から持ってきたトイレットペーパーを小脇に抱えて行くのです。

はい、何が一番問題かと言うと

寝る時に家のドアは鍵をかけますね。

このトイレに行くまでには、一つのドアを通過しなければ行けません。

しかも、このドア、寝る前に

しっかりと2重に鍵をかけて太い棒で開かないようにするという

恐ろしく重装備だもんで

「夜中にトイレに行きたくなったら、私に声かけてね」

とは言われたものの、ぐっすり寝ているRasikaを起こすなんてこと

アタシには出来ないぃぃ~~~!。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。

なので、何度か夜中にトイレに行きたくなった時は

コソ泥の如く、音を立てずに懐中電灯を持って

そろ~り、そろ~りとリビングを通り抜け

静かに太い棒を外し、鍵を開けて、トイレにGo~!

一度だけ、ドアの横の壁にエイリアンのような虫が張り付いているのを見て

危うく悲鳴を上げてしまうところでした。

それにしても、スリランカ人って何で夜中にトイレに行きたくならないんだろう?

お腹を壊すってことがないんだろうか?



は!

しまった!

トイレの話で終わってしまいそう!(゚Д゚;)


話題を変えましょう。

とある場所から次の目的地までの移動をする際

ある時は、ホストファミリーのトゥクトゥクに乗せてもらったり

ある時は、トラクターの荷台だったり

ある時は、トラックの荷台だったり

何だか人というよりも荷物扱いされてませんか?

・・・・・な感じがしないでもないのですが

ある日は

b0247609_12282586.jpg
             バイクの後ろでした。
                        
しかもバイクの後ろに乗らされること数回。

日本にいたら、なかなか経験できないことをさせてもらえるスリランカなのでした。


って、全然、話が進まないじゃん!
          








                                                                              










[PR]
by sundary | 2017-12-02 14:12 | スリランカ | Comments(2)

え゛

・・・・・と、思わず驚いてしまう、12月の始まり。


毎年、同じこと繰り返してる気がする。( ˘•ω•˘ ).。oஇ


2017年は、もう残るところ今月いっぱいってことですか~~!?

ひぃぃぃぃ~っ!=͟͟͞͞٩(๑☉ᴗ☉)੭ु⁾⁾

なんだか、無駄に時間を過ごしてしまったんじゃないかと

今更ながら、己のぐうたらぶりを後悔しております。

この辺まで、毎年繰り返してる気がする。

まぁ、言い訳にしかならないのですが

ここを放置している間

何をしていたかと言いますと

『国際交流のつどい』なるものがございました。

そこでは、ご来場の方々にサリィの着付けをして差し上げるという

それがまた、けっこうな繁盛ぶりだったワケです。

b0247609_13393077.jpg
             小さな姉妹。下の子はまだオムツしてま~す。

b0247609_13480905.jpg
             この二人は、たぶん小学生

可愛いから顔をお見せしたいんだけど、親御さんの了解をもらい損ねたので顔のところだけ隠しま~す。

日韓ハーフの女の子と日本人の仲良しさん。

二人の会話は英語でした。

この衣装、片方がパンツスタイルで

二人ともスカートタイプ着用をご希望。

はい、困りました。ヾ(;´Д`●)ノ

あ♬

だったら、どちらかが最初にパンツスタイルを着て

後でチェンジしたらいいんじゃない?

二人は、快くOKしてくれて

じゃあ、私が最初にパンツの方を着ま~す♪

いい子だ。

こうして、しばらくしてからお互いに交換して着ていました。

ぶっちゃけ、この衣装はスリランカじゃなくて、インドなんだけどねwww

b0247609_14172796.jpg
こんな感じで、次から次へとやって来るお客さまの対応であたふた!あたふた!

b0247609_14134102.jpg
            日本語学校に通っている、きゃぴきゃぴガールズ♪

真ん中の子はロシア人。

他の二人は台湾って言ってたかな?

この子たちが来た時、受付が混乱状態だったために(受付担当の方から聞いた話です)

少し時間をおいてから、再度来ていただいたのだけど

時間はすでにイベント終了の放送が流れ始めた頃。(汗)

それでも、せっかく来てくださったお客さまなので

ひたすら着付けをして差し上げましたとも!

b0247609_14170450.jpg
            次は、このサリィ着てみる~~💕byロシアの女の子

ぼちぼち、お片付けをしているそばで大盛り上がりだった彼女たち。

自撮りしてみたり、お互いに撮り合ったり。

「トッテモ楽しかったデ~ス!こんなに楽しいなんて思わなかっタ~~!」

「アリガトウゴザイマシタ!」

たどたどしい日本語で、嬉しそうに言ってくれました。

もう~一気に疲れも吹っ飛びますわよ、ホント!

今回は、総勢30人以上のお客さまにサリィを着つけてさしあげましたよ。

今年スリランカで購入して来た3着のサリィも大活躍!

買って来た本人(アタシだよ)すら、まだ着たことがないサリィ(ロシアの女の子が二回目に着用している)は

すでに何人もの方々が着用されているというwww

アタシが着るチャンスは、いつやって来るのだろうかというwww

生きているうちに、いつかは着てやる!


とにかく

アンマの会のメンバー、頑張りましたぞ!!!!!(≧∀≦)v


その後、個人的には孫の遅ればせの誕生日会をしたり(不二家でお食事)

スリランカから来ていたバンちゃんのお別れ会をしたり(スリランカ料理を作って、みんなでいただく)

b0247609_15190539.jpg
            その時に作ってみたアッカパーナサンボル

コレがね、期待以上に食べやすかった。

結石持ちの人、コレ食べると良いそうですよ。




これまた個人的に従妹からの依頼で

b0247609_14594144.jpg
      こんなポップデザインを描いたり(制作料もいただきましたの♪)

b0247609_15033737.jpg
こ~んなバッグも作ってみたり(*థ౪థ)



あら♪

ぐうたらしていた感があるわりには

そこそこ頑張って生きてる感も、なきにしもあらずなwwwww



さ、早いとこ、スリランカ滞在記を完結させようぜ、アタシ!





[PR]
by sundary | 2017-12-01 15:47 | スリランカ | Comments(2)

はぁ~しんどかった。(_Д_)

ちょっと調子が悪い・・・・・・のかな?

なんて薄々感じてはいても

何かとやらなければいけない諸々の用事はあるしで

大して無理をしたつもりでもなかったのですが

老体は危険信号を出していたのかも。

そう、気持ちは若いつもりでも

中身は違うんだぞ~~~~と。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

二日間ほどが最悪な状況でしたが

なんとか復活いたしました。

もう体調崩している場合じゃない。

明日は元気に出張仕事だ。(中央区なんだけどなw)



さて、では続きです。

さっさと終わらせないとね。

今年が終わっちまう。ヽ(#゚Д゚)ノ



ある日、女の子がこんなプレゼントを持ってやって来ました。

b0247609_10003354.jpg
                 手作りのカード!

ものすごく丁寧に一つ一つ折って張り付けて

おまけにカードが汚れないように、しっかりとラッピングされてます。

アタシが折り紙を折ってあげたから、お返しをくれたのね。

いやいや、こりゃあ2倍返しどころか5倍返しぐらいに手が込んでるじゃないの!!!

壊れないように日本に持ち帰り大切に飾ってありますよ。


スリランカの人たち、さらりとこういうお気遣いをしてくださるものだから

またさらにスリランカが大好きになってしまうのです。


そう!そう!

そう言えば

ある日、裏庭で洗濯をしていると(洗濯機はありません!)

Rasikaの「アキ~コ!お客さんよ~~!」と呼ぶ声が。

この日は、いわゆるオフだったので、溜まっていた洗濯物を一気に洗っているところでした。

なので、どスッピン。(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

どうせ日本人珍しさに近所のおばちゃんでも来たんだろう。

「どちらさんですか~?」

そんな感じで行ってみたら・・・・・

「Hi ♪」

なんとも爽やかな笑顔でやって来たのは

そう!パイナップルを一緒に探してくれた小顔で大きな瞳のあの青年!!!!!

手には2つのパイナポ~(パイナップル)が!

「こんな小さいのしか売ってなかったんだ」

わざわざパイナップルを買って持って来てくれたの~?!(゚ロ゚屮)屮

きっと、あの時のアタシの顔が

「パイナップルが食べたくて死にそう~!」って感じに

彼の眼には映っていたんだな。

だから、あちこち探して美味しそうなパイナップルを見つけてくれたんだな。

その後も、すぐには帰らずにスマホの画像を見せてくれて

「僕は海外留学していたんだ。僕の兄さんはお医者さんなんだよ」

確かに、外国人と楽し気に写っている彼の姿が何枚もありました。

なるふぉど~!

どおりで育ちの良い雰囲気があると思いましたよ。

「記念に2ショット撮ろうよ!」

げげげ~~~~~!スッピンなのに!

あからさまに洗濯婆さん状態なのにぃ~~~!

拒否る間もなく2ショット、撮られてしまいました~~~!(号泣)

あの時ほど、一瞬でもいいから20歳ぐらい若返りたいと思ったことはありません。

その時のパイナポ~(パイナップル)は、Rasikaがカットしてくれて

美味しく頂きました。

ホント!甘くて美味しかった~~♪


あ、彼の写真も撮りましたよ。

だけど彼にはOKをいただいてないので

見てみたい人は、アタシと一緒にランチでもいたしましょう。

その時に、お見せいたします。

(ははは、アッカにしか見せないってことだな。)

今回は、そんな感じ。

画像が少なすぎるので少しUPしておきます。

b0247609_10435492.jpg
                   井戸の完成セレモニーの時にいた子牛さん


b0247609_10462621.jpg
            Rasikaが結婚した際に介添え人の女の子が着用していたサリィを着たアタシだ。

最初、ハェッタ(中に着るブラウス)が、細すぎてホックが止まらなかったので

Rasikaが、わざわざほどいて縫い直してくれた!



追記

あ、そう!そう!

わざわざ、ホストファミリー宅までパイナップルを届けに来てくれたことで

彼がダンスパーティに来ていたんだってことを再確認できたワケです。✌



[PR]
by sundary | 2017-11-17 10:59 | スリランカ | Comments(2)

週末の三日間が連休とあって

娘親子が我が家に居座っていたため

激疲れの週明けだった老主婦パトリシアでございます。

昨日は、伸びまくっていた月桂樹と枝垂れ桃の剪定で一日が終わりました。

午前中、ぐうたらしていた報いだね、うん。

そんなワケで、今日は腰痛がハンパないです。




さて、前回の続きです。

買い物中に若い男子から声をかけられ

自分の年齢を忘れ、思わずナンパか?!

などと妄想してしまったアタシ。

小顔で、さらには大きな瞳がラッサナイな男子(どう見ても20代前半)が

早口なシンハラ語で話しまくるもんだから

何を言ってるんだか、ワカラン!!!!!

よ~く聞いてみると、どうもアタシのことを知っているらしい。

何で?(゚_。)?

あ、もしかしてダンスパーティに来てたのか?

どうも、そんなことを言っていたようなので

そういうことにしておこう。

このイケメン男子、バイクに乗って買い物にでも来ていたのかな?

そしたら、偶然アタシを見かけて、飛んで来てくれたみたい。

可愛いことしてくれるじゃん💕

せっかくなので、美味しそうなパイナップルを見つけてくれない?

と頼んでみた。(厚かましいことこの上ない)

それでも嫌な顔ひとつせずに、OK!

顔もよければ性格もいい男子。

何軒かの果物屋を回ってみたものの

コレというパイナップルが見つからず

とっても残念そうに「いいパイナップルが見つからないんだ」と言う。

そっか、じゃあ、パイナップルじゃなくてもいいや。

ってことで、ちょうどリンゴが何種類も並んでいたので

リンゴを3種類選んでもらい、それを購入。(Tomokoさんが)

この時も、値段がわかりやすいようにスマホで計算して

「はい、これぐらいになるよ」と教えてくれる男子。

マジでいい子だ。

さて、Tomokoさんの買い物も済んだので

「トゥクトゥクで帰りたいんだけど、どこで拾えるかな?」

どこまでも図々しいアタシに、快く動き回ってくれる男子。

日本に連れて帰りたいぐらいだわ。(コラ!)

「トゥクトゥクは、向こうまで行かないとないよ、来て!」

はいはい、どこまでもついて行きますよ。

彼がいてくれたおかげで、トゥクトゥクもすぐに見つかりましたよ。

何台か止まっていたトゥクトゥクのところまで、行ってくれた男子。

ここからはアタシの値段交渉だ!

アタシ「CICホテルまで行きたいんだけど、いくらで行ってくれる?」

ドライバー「150ルピーで行くよ」

アタシ「えぇ~~!100ルピーで行ってよ!」

ドライバー「うぅ~ん、150ルピーで勘弁してくれよ~!」

たぶん、150ルピーでもローカルな値段である。

ボッタくりされることが、とにかくイヤ!な自分をさらけ出してしまいましたが

最後まで笑顔で見送ってくれた男子。

名前ぐらい聞いておけよ。

でも「Bohoma Isthuthii !(ありがとう!)」のお礼は忘れませんでしたよ。

また会えるといいな~と思いつつ、CICホテルへと向かったのでございました。

スミマセン、この時の画像が一枚もありません。


この日、またホストファミリー宅へ戻りました。

Rasikaから「これから私の両親の家に行くわよ」

ディナーは、Rasikaのご両親宅でいただくようです。

ダンナさんの運転するトゥクトゥクで、Rasikaのご両親宅へ。

夕暮れとともに空模様があやしくなってきました。

b0247609_11514257.jpg
                 到着した途端に、大雨。


b0247609_11523740.jpg
                 庭先で雨降りを眺めるアンマたち。

この後、雷は鳴るわ、雨はどんどんひどくなるわで

道は川のようになるし、帰りが心配になりましたが

アタシ以外は、みんな平気そう。

大丈夫なのか?( ° ʖ °)

そうしているうちに、アンマ達がキッチンに行ってしまったので

ちょっと覗いてみていたら、談笑していたアンマ達の間を

大きなネズミがダダダ~~~っと横切り

竈(かまど)の上に消えていきました。

一瞬ビックリはしたものの、その後は何事もなかったかのように

食事の用意を始めるアンマ達。

ビビったのはアタシだけ。

我が家で、こんなことが起きたら一大事だわ。(゚Д゚;)

b0247609_12024691.jpg
出されたアーッパとビッタラアーッパ。

あら、ずいぶんとシンプルなディナーだな。

でもアタシの大好物だからヨシ!(ナニサマ?)

b0247609_12110572.jpg
な~んて思ってたら、これがメインのディナーだったのでした。

厚切りの柔らかいパンとチキンカレー。

うぅ~~画像見てたら、食べたくなっちゃったぞ!

スリランカのパン(現地ではパーンと呼びます)

とっても柔らかくて何とも言えない美味しさなんです。

b0247609_12104209.jpg
デザートも出ました!

まだ熟していないグァバです。

これもまた美味しいんです。



つづきま~~~す。(。◕ ∀ ◕。)


[PR]
by sundary | 2017-11-08 12:23 | スリランカ | Comments(4)

とう~~とう~~11月になってしまった!

あっという間に師走じゃないか!ヽ(#゚Д゚)ノ

それはともかくとして

昨日はハロウィン。

それはそれとして

ほぼ毎月開催している『アンマの会』でもありました。

あ、『アンマの会』というのは、スリランカ繋がりのアンマ(お母さん)が

何かしら楽しいことをやろうじゃないの♪

・・・・・っていう、ゆる~~い会のことです。




11月といえば

毎年、中央区で【国際交流のつどい】というイベントがありまして

詳しくはココね。

ご来場くださったお客様に、サリィを着せてあげよ!・・・・・という

インポッシブルではないけど、非常にバタバタとしたミッションをいただいているワケでございます。

今年で何回目になるのかな?

ある時は、4歳の小さなお客様もいらしたりして

大人用の長~~い(6mぐらいある!)サリィを着させたりもいたしましたよ。

ほとんどぐるぐる巻き状態。

でも、とっても喜んでくれました。

なので、その次の年には子供用の衣装も試行錯誤して作りましたしね。

想像を絶するような大変さもありますが

とっても楽しく盛り上がれるイベントなのです。


あ、話がかなりふくらんでしまいましたが

そう、昨日の『アンマの会』では、久々にサリィの着付け練習をしたワケでございます。


その後、アタシは娘宅に寄り

ハロウィンパーティ。(そんな大げさなものじゃない)

娘宅でもサリィを着用してエスニックなハロウィンとなりました。

写真は娘のデジカメでしか撮らなかったので、ありませ~~ん。…(´-ω-`)




はい、話が長くなりました。

続きです。

前回のブログ更新した後に気がついた。

サファリツアーを終えてホテルに戻ると

ベッドの上に、ちょこんと乗っていたコレな~~んだ?

b0247609_10321429.jpg
             タオルで作った象さんだぞ~。

せっかくホテルのスタッフが可愛く作ってくれたので、UP!

b0247609_10463349.jpg

CICホテルは、こんなコテージになってます。

b0247609_10534739.jpg
              この実は、ウッドアップルかな?


b0247609_10555858.jpg
あまりにも広すぎて、方向音痴のアタシは迷ってしまうぞ。

b0247609_10500015.jpg
              一泊した次の日の朝食がコレ。

左奥にあるのが、ここで作られているCICヨーグルト。

この日は、CICの敷地内にあるファームの見学組と買い物組に分かれて

アタシは、もちろん買い物ですよ、買い物!

Tomokoさん「ホストファミリーには、いろいろ気にかけてもらってるからお土産買いたいな♪」

アタシ「おぉ~!それはいい考えだわ!何にする?」

Tomokoさん「果物がいいな。パイナップルとかどうかな?」

アタシ「いいじゃない!美味しそうなパイナップル探しましょ!」

何軒かある果物屋さんを回っていたら

突然、一人の若者に声をかけられた。

え゛?

スリランカでナンパされた?(゚Д゚;)




はい、この続きは次回!www



[PR]
by sundary | 2017-11-01 11:13 | スリランカ | Comments(4)

久々の秋晴れな月曜日。

体調はイマイチだったのですが、太極拳のお稽古に行って来ました。

土日にかけて、孫たちがやって来ると、さすがに疲れます。

昨日は雨の中、孫二人を連れてカラオケに行って来ました。

前に一度連れて行ってやったら、ハマっちゃって、ハマっちゃって。

それ以来、うちに来るたび、カラオケに行きたがります。

で、アタシは一曲も歌わせてもらえないというね。(´;ω;`)

ま、いいんです。

孫孝行が出来るのも今のうちですから。

もしも寝たきりになったら介護させっからな!>孫’s





さてと、どこまでいったかしら?


あ、そうそう。

アタシがステイさせていただいているRasika宅。

一人息子のPasidu、最初会った時は、おとなしそうだったのだけど

日を追うごとに日本人のアタシにも慣れてくれて

だんだん本性を出して来ましたよ。

折り紙を折ってあげたら、喜ぶ!喜ぶ!

一つ折りあげるたびに「ラッサナ~イ!(きれい!)」と言って

箱の中に大事にしまって、誰かが来るたびに見せてあげて

ふざけて勝手に触ると、激怒する。٩(๑òωó๑)۶

もぅ~~~可愛いったらないのさ。


で、ある日の夜

Rasikaが「ちょっと出かけて来るから、二人でお留守番しててね。」

な~んてことがありました。

Pasiduが嫌がらないかな?

と思いきや、大丈夫そう。

折り紙で折った紙飛行機を交代で飛ばしあい

うまく飛んだら拍手する♬

折り紙の紙飛行機は、どんどんボロボロになっていくけど

とりあえず飛ばしてみる。

そんな遊びを繰り返しつつ

b0247609_14172519.jpg
              こんなの作っちゃいました。

ミステリーサークルならぬ、折り紙サークルだじょ!

よくもまぁ、こんなに折ったもんだよ。

箱に入りきれなくなって、Pasiduの机の中にしまうことになりました。

帰って来たRasikaも、楽しそうに遊んでいたPasiduを見て、喜んでいたみたいです。

そして、これがこの日の晩御飯。

b0247609_14191374.jpg

Rasikaの作る料理は、ホントに美味しかった。

次の日は、サファリツアーのために一度ホームステイ宅を出ます。

寂しそうな顔をするRasikaとpasidu.(´;ω;`)(´;ω;`)

一泊したら、また戻って来るんだよ~♪



そして、到着したのはCICホテル。

ここは農場や牧場もあって、ヨーグルトも作っているので

『CICヨーグルト』なんていうのが、スリランカのあちこちで売られているのです。

b0247609_14535609.jpg
ここはホテル内の前庭。

とにかく、すっご~く広い。

b0247609_14263881.jpg
これが、ホテルのラウンジ。

リスや野鳥の鳴き声しか聞こえないような静かな場所なので

こういう場所に来ると、やっぱり落ち着くな。


ここに来る途中で買ったお総菜パンを昼食にした後

b0247609_15162926.jpg
              アタシが食べた野菜カレーパン。(辛いけど美味しいのだ)                      
     

サファリツアーに向けて出発!!!

前にも何度かサファリツアーには参加していたのだけど

今回は、海外からのツアー客が多かったなぁ。

b0247609_14272192.jpg
              途中で見かけた一頭で歩いている象さん。


b0247609_14282773.jpg
いた!いた!

ちょっと遠いけど、象の群れがいた。

b0247609_14275802.jpg
象よりもサファリツアーに来ている人間の方が多いし。

b0247609_14292758.jpg
              象が見えないぞ~!!!!!ヽ(#゚Д゚)ノ


とまぁ、こんな感じでサファリツアーは終わったのでございます。

そうそう、途中で米粒サイズぐらいだけど、孔雀も見られましたぞ。(ほとんどワカラナイw)



つづきまっせ。


[PR]
by sundary | 2017-10-30 15:31 | スリランカ | Comments(2)

雨が続きましたな。

雨台風、すごかったですな。

外に置いてある鉢植えたちが心配でしたが

狭い我が家には、取り込めるスペースもなく

なんとか頑張ってくれ~~!

・・・・・と祈ることしか出来ませんでしたが

庭の植物たち、頑張って乗り越えてくれました。

小さいのが、二鉢ひっくり返ってただけ。




さて、続きです。

「アキ~コ~、〇〇が〇〇に行こうって言ってたわよ。」

へ?(゚_。)?

最初の〇〇は、Jin君親子がホームステイしているお宅のことですが

次の〇〇が、よくわからん。

何だかわからないけど、どこかに連れて行ってくれるってことだよな。

そう、アタシのシンハラ語力は、その程度ですから。

しばらく待っていると、青いバンがやって来ました。

コレがね、スゴイ車なんだわ。

写真に撮っておけばよかったよ、ホント!

動くこと自体が奇跡と思えるような

乗りまくった感、満載の外観で

中からはドアが開かないので、窓を開けて外から開けるという

それも開けるのにコツが必要という

だけど途中でエンストすることもなく

ガンガン走っちゃう、逆にカッコイイじゃん!

って思えるような車なのです。ひゃっひゃっひゃ♬

コレを運転していたのが、Jin君親子のホストファミリーのターッタ(お父さん)でした。

「アニマルミュージアムに連れて行ってあげるよ。」

あぁ~、Rasikaがさっき言ってた〇〇ってのは、アニマルミュージアムのことだったのか。

ホストファミリーとJin君親子も一緒に青いバンに乗って

いざ出発!


近くにあるのかと思いきや、けっこう遠い場所にありました。

スリランカ人って運転する時、けっこう飛ばしますからね。

あんなに飛ばしても、すぐに到着しなかったので

けっこうな距離を走ったみたいです。


・・・・・で、やっと到着したアニマルミュージアム。

外観の写真、撮り忘れました。(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

入って早々、アタシたちを出迎えてくれたのがコレだ!

b0247609_11362365.jpg
半分が剥製、半分が骨格標本みたいな豹。((((((((( ;゚Д゚))))))))コワ~~~!

「よく来たな」と言っておられます。(たぶん)


そのすぐそばにいたのがコレだ!

b0247609_11372579.jpg
豹に食われる草食動物。(。≧O≦)ヒィィィ!

「油断してたら食っちまうぞ!」と言っておられました。(たぶん)

b0247609_11364903.jpg
怖い剥製ばかりではなく

赤ちゃんの象さんもいたり(剥製)

b0247609_11501190.jpg
大人の象さんもいたり(剥製)



b0247609_11375063.jpg
隣でポーズを取ってるバカ丸出しなアタシと比較してみよ!

怪物のような大きさのワニ!

こんなに大きいのがいるとは知らなんだ。(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル



はい、ここに到着するまで勘違いをしていました。

てっきり生きてる動物が見られるかと思っていましたよ。


アニマルミュージアム・・・・・・動物博物館だよ。

動物園は、ZOOだよ。ヾ(;´Д`●)ノ



写真には撮らなかったけど、めっちゃ大きくて長い蛇(たぶん大ニシキヘビ?)もいました。

もちろん剥製です。🐍


あ、でも生きている動物たちもいましたよ。

みんなケガをしていたり、病気療養中でしたけど。

元気になったら野生に返すんだそうです。

b0247609_11382086.jpg
この可愛い赤ちゃん象たちも、病気療養中。

でも意外と元気に動き回っていて、鼻をこちらの方に伸ばしたり

檻から出たくて一生懸命、隙間から出ようとしてました。(どう見ても無理)

「ここから出してよ~!」「一緒に遊ぼうよ~!」って言ってたかも。(たぶん)




ちょっと不気味な画像を連発してしまったので

気分を変えて・・・・・。


こうしてアニマルミュージアムを後にし

アタシたちを乗せた青いバンは、夕暮れの道を走ります。

だんだん空が曇って来ました。

・・・・・と思う間に土砂降りの雨に。ヽ(#゚Д゚)ノ


そのまま帰ると思いきや

雨に濡れながら、ヒンドゥ寺院に立ち寄り

みんな、額に白い粉をつけられます。


そして、やっと帰るのかと思いきや

今度は仏教寺院へ。

寺院のハシゴか?!

このお寺のお坊さんがまたステキな方で💕

片言のシンハラ語が出来るってだけで、ものすごく喜んでくださって

b0247609_12315443.jpg
お坊様、自ら紅茶を淹れてくださいました。

b0247609_12305988.jpg
そして2ショットまで!!!

きゃ~~♬きゃ~♪O(≧▽≦)O


浮かれてばかりもいられません。

せっかく、連れてきていただいたお寺です。

お釈迦様にもご挨拶をしていかなければ!!!

b0247609_12415530.jpg
今回のスリランカ訪問で、忘れずにしたかったこと。

亡くなった友人が迷うことなく天へ行けるように。

そしてまた、いつか再会出来るようにお祈りをすること。


b0247609_12060907.jpg
これは、そのお寺の屋上から眺めた景色です。

雨は上がり、夕日が沈んでいきます。

Hari lassanai !!!!!←とっても綺麗!!!!!


来れてよかった、スリランカ。


まだまだ続きますよ~。



[PR]
by sundary | 2017-10-24 12:57 | スリランカ | Comments(2)

寒いっ!(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

ここ数日の雨と寒さで

毛むくじゃらの熊と冬眠したくなっている寒がり主婦パトリシアでございます。

なんですかね、この急激な寒暖差は・・・・・?


最近、庭が騒がしいです。

ヒヨドリが庭に置いてあるカラピンチャの実を食べに来ているのです。

b0247609_13123283.jpg
            アタシが収穫しちゃった後なのか?ヒヨドリが食べちゃった後なのか?(謎)



b0247609_13143687.jpg
             安心してください!まだありますよ!Σd(ゝ∀・)☆ 


今年は、もう十分すぎるほど苗が出来ていますので

これから寒い冬を迎える野鳥たちにも分けてあげなくちゃね。


なぁ~んて寛大な気持ちでおりましたが

今朝、ちょっと様子を見に庭に出たら

熟している実は、一つ残らず食べてしまったようで

黒い実が一つもない。(゚Д゚;)

ち、ちょっとぉ~!

ほっといたら、全部食べられてしまいそうなので

残しておきたい実にポリ袋をかぶせて来ました。

だってねぇ、蘭花アッカに種をあげる約束してますもの。

ただ、この陽気ですので、これから実を蒔いてもうまく発芽するかわかりませんので

その時は、苗の方を差し上げますね。






ってことで、続きです。


今更ですが、今回の旅の目的は

OWOPが様々なイベントを通して集めた資金で建てた幼稚園・井戸・トイレのオープンセレモニーや

その幼稚園に通っている子供たちとの交流

そして、その家庭にホームステイをしたり

合間に行ってみたかった場所を観光したり、買い物をしたりと

参加した人たちは、それぞれの目的に沿って行動をした旅なのでした。


アタシは、ともかく5年ぶりのスリランカでしたし

特に観光をしたかったワケではなかったので

行き当たりばったりな旅となったのですが

ま、何がしたかったかと聞かれたら

買い物ですかね?

毎年開催される『国際交流のつどい』で、もっとたくさんの綺麗なサリィを用意したかったし

スリランカにしかないアレやコレを買って来なくっちゃ!←大したモノではない。

そんな適当な旅だったワケです。

きちんと計画を立てても、思い通りにならないことが多いんです。

実際、今回の旅もそうでしたから。

例えば、明日は何時に集合?

そういうことも、直前までわからなかったり

10時集合と言われて、10時に行ってみたら

何もすることがなく、結局、幼稚園に登園して来た子供たちに折り紙を折ってあげたり。

100均の折り紙、たくさん用意したはずなのに足りなくなるという

小さなアクシデントもあったり。

それは、女子大生の子たちに分けてもらったりして何とか補充。

途中で帰国するTomokoさんからは、折り紙・風船・割りばし・日本茶ティーバックまで頂いちゃいました。

コレが、後々、本当に助かりました!

何せ、日本からカップ麺を持参したのに割りばしを忘れるというドジなアタシですから。


あぁ~話が脱線してるかな?

b0247609_13583007.jpg

みんなで取り囲んでます。

真ん中では、女子大生の子たちが折り紙を折ってあげているところです。

b0247609_14010659.jpg

この日は、スリランカの人たちにお好み焼きを作って食べてもらおうというイベントを開催した時。

b0247609_14025398.jpg

キャベツを千切りしている藤井さん(87歳!)

アタシよりも元気いっぱいに働いてました。(仕事しろ!アタシ!)

何より包丁に注目。

海賊が腰に差してそうなカタチ。(゚Д゚;)

b0247609_14065757.jpg
   
             コットロティを作る時の鉄板が大活躍♬


b0247609_14091797.jpg
当然、幼稚園なので洗い場はなし。

使ったお玉やらボールやらを洗うのは外。

それもホースから出ている水。(蛇口は開きっぱなしなのでレンガでホースを押さえてる)

この『お好み焼きパーティ』成功だったかどうかは正直わかりませんが

ホストファミリーは「ハリラサイ!とても美味しい!」と言ってくださいました。

中には口に合わない人も多々いらしたようだけど、ま、いいか。





さて、日は変わって

ある日、Rasikaが「今夜はダンスパーティをするわよ!」

突然言われました。

ダンスパーティ!?(゚Д゚;)

その日は、今回忘れずに買う!と決めていたサリィを3着を値切ってGETし

アタシの気分も上々でしたが、普段ダンスパーティなんてしませんからね。

え゛~!踊るの~?アタシも踊らなきゃダメなのぉ~?ヾ(;´Д`●)ノ

出来ることなら聞き間違いであって欲しい。

そんな願いもむなしく

夜になって、続々と集まりましたよ~。

ご近所さんたちが。

b0247609_14263651.jpg
              わらわらわら

b0247609_14415603.jpg
ピンボケなのは、夜で真っ暗だったことと、アタシのカメラテクがなってないせいです。(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

b0247609_14440951.jpg
             これまたピンボケだけど、子供たちも一緒!


b0247609_14485293.jpg
           ジャパニーズも、踊れ~!踊れ~!

b0247609_14511278.jpg
               ハッスル!ハッスル!


b0247609_14541151.jpg
            太鼓叩いて大ハッスルなアイヤー。


前々からわかっていたことだけど

スリランカの人たちは、みんな踊ることが大好き。(アタシからは、そう見える)

音楽が流れて来たら、みんな踊っちゃう♪

そこでアタシは考えた。

そうだ!サリィがある!

可愛い女子大生がいることだし、サリィを着せて踊らせちゃえ!

こっそり女子大生の二人を部屋に呼んでサリィを着せていると

「アキ~コ、何やってるのよ?」

お隣に住むアンマ(明るい29歳♪)が部屋を覗きに来ました。

買ったばかりのサリィを着せた女子大生を見て

「Good !!!!!」Σd(ゝ∀・)☆

その後も次々と覗きに来るアンマーズw

サリィ姿を見て、テンションMA~~~~~X!

b0247609_15152288.jpg

サリィ着てダンスパーティ大作戦は、大成功だったのでございます。

いぇ~~~~い♬


とりあえず、今回は、ここまでネ ヾ( ・∀・)ノ



[PR]
by sundary | 2017-10-20 15:18 | スリランカ | Comments(4)

ウッソォ~~~~!!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

中盤まで書きかけていたヤツが消えた~~~!

いい感じで書けていたのにぃ~~~!

何?

何が悪いの?

このPCが悪いのか?


しくったぜ!

こまめにコピーしとけばよかったぜ!。゚( ゚இωஇ゚)゚。



え~~っとね、出だしはこう。



寒いなぁ~~!(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

寒いよぉ~~~~!!!(((((((( ゚Д゚;))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

一気に冬到来ですか!?



・・・・・(*¯ω¯*)



その後を忘れた。(;´༎ຶٹ༎ຶ`)


あぁ、指先が冷えて痺れたとか書いてた。

新陳代謝が悪い還暦主婦パトリシア(本名アキ~コ)です・・・・・とか。


とりあえず、もう一度書き直すしかない。(溜息)



ホストファミリーのアンマ(28歳!しかも美人!)←毎回、コレを打つのもくどいので

これからは、名前でいきます。

彼女の名前はRasikaと言います。

最初に、Rasikaと一人息子のPasiduに連れられて、家の中を案内してもらった後

シャワーは、裏木戸を開けてすぐ左に設置されてることと(当然、外)

トイレは、裏木戸を出て右にちょっと行った場所にポツンとあり(完全に外)

当然、照明はないので夜中にもよおした時は、裏木戸のカギ(2カ所)を開け

扉をガッチリと押さえてある太い棒を外して

懐中電灯持参で行かなければなりません。

そう、トイレットペーパーもありませんから、コレも持参ね。( ˘•ω•˘ )


「夜中にトイレに行く時は、私を呼んでね。私の名前はRasikaよ!」

こうして、お互いに「アキ~コ」「Rasika~」と呼び合うようになりました。




ここで、前々から不思議に思っていたスリランカ人の謎。

いつトイレに行ってるの?(´・ω・)

一日に何回、トイレに行くの?(´・ω・)




日本だったら、子供たちが小さい時なんて

寝る前に必ず、トイレに行かせていたと思うのだけど

スリランカじゃ、パジャマに着かえることもなく

服を着たまま、トイレにも行かずに「Good night~♪」( ・∀・)ノ



朝、起きた時にオネショをしちゃった~!

なんてこともない。


アタシなんて、トシのせいか、夜中に一度はトイレに行きたくなるのに~~~。

毎回、夜中に、寝ているRasikaを起こすなんて申し訳ない。

一度だけ寝室に入って行ったRasikaに「トイレに行きたいの~」

と呼んだら、息子のPasiduまで起きて来ちゃいましたからね。(;´Д`●)ゴメンヨ~


なので、夜中or明け方にもよおした時は

そぉ~~っと懐中電灯つけて、トイレットペーパーを小脇に抱えて

裏木戸を静か~~に開けて、真っ暗闇の中、トイレに向かったのでした。


家の中に、明るくて清潔なトイレと、いつでも温かいお湯が出るお風呂のある日本。

恵まれてるなぁ~。



あ、なんだか話が進みませんね。

乳製品が食べられないTomokoさんの話を聞いてたRasika。

アタシにも食べられないモノがないか、聞いて来ましたよ。

若いのに、いろいろ気遣いをしてくれる。

まぁ、滅多に出ることはないだろうけど

アタシはカニアレルギーがあることと、牛豚は食べないこと。

でもチキンや魚は大丈夫♪

ということを伝えて、その日に作ってくれたディナーは

b0247609_13211733.jpg

チキンカリーとヌードルスでした~~♪(≧∀≦)v

b0247609_14314299.jpg
なんで、こんなにボケボケ写真になっちゃうかな~。( ˘•ω•˘ ).。oஇ

b0247609_14320642.jpg
テレビをつけてもらって、見ながら食べてるPasidu。

この椅子、可愛い。


また消えちゃうのがコワイので、まずはここまで。(*¯ω¯*)


















[PR]
by sundary | 2017-10-07 14:39 | スリランカ | Comments(2)