また行って来ちゃったぜ!スリランカ Part7

昨日までとは、うって変わって夏の陽気。

たぶん、束の間の晴天と思われるので、庭仕事をいたしました。

う・・・・・・・・また日焼けしたな。



では、続きですよ。

ダンブッラで昼ご飯を頂いた後、石窟寺院へと向かいました。


久しぶりだなぁ~~石窟寺院。

b0247609_1481188.jpg
途中、おサルの親子を見かけたり


b0247609_14102383.jpg
こんなに無防備な態勢で寝ている犬もいたり


b0247609_1413272.jpg
こんな足のデカイ人が寝そべっていたり


あ、違った、これは、お釈迦様のおみ足でした。

b0247609_14165589.jpg

小指が一本だけ白いのは欠けてしまったから新たにつけ直したそう。


すいませんね、足しか撮ってなくて。

でもこういうアングルから撮った写真って、なかなかないでしょ。

この石窟寺院へは、過去に何度か訪れていたのですが

何度来ても、新しい発見があったりして奥が深いのですね。

お釈迦様の掌に何かの模様が描かれてあったので、ガイドさんに聞いたところ

これは、わざと描いた模様ではなく、お釈迦様の掌に自然と浮かび上がった模様なのだそう。

インドの花嫁さんが、メヘンディ(ヘナ)で掌や足に模様を描くでしょ。

あれは、ここから来ているんですって。

あ、その写真を撮って来い!・・・・・・って話ですよね、ごめんなさい。(汗)



またいつか、この場所に来られるといいなぁ~~。



こうして、石窟寺院を後にし、シーギリヤへと向かうのでありました。

キレイに舗装された道を、車はぐんぐん走ります。

昔はガタボコ道ばかりで、こんなにスムーズに走れなかった気がしますよ。

「あ!ヘビ!!!」

ガイドのサナットさんったら、急に大声を出すもんだから、ビックリしたじゃないの。

「ヘビがいたんですよ!ヘビ!」

スリランカ人でも、ヘビの出現にこれほど驚くんでしょうかね。

ドライバーのチャンナさんに、ヘビがいた場所まで戻るように言ってますよ。

そこまでしなくても・・・・・・・・と思っている間もなく、グイグイと車をバックさせて、ヘビのいた場所へ。


そこには、鮮やかな黄緑色をした細長いヘビが、必死で道路を渡ろうとしていました。

良く見ると、腹の部分から血が出ています。

車に轢かれたのかな?

サナットさん「可哀想だから、草むらに連れて行ってあげましょう。」

そう言っていた直後、通り過ぎて行った車に轢かれてヘビは動かなくなってしまいました。

「ヘビ、死んじゃった」(´;ω;`)

サナットさん、死んでしまったヘビを草むらにそっと入れてあげました。

もう少し早く見つけていたら、死なずにすんだかもしれないのに、ごめんよヘビさん。・゚・(ノД`)・゚・ 


なんだか、しんみりした気分になりながら車に乗り込むアタシたち。


「せっかくだから、シーギリヤへ行く前に寄り道して行きましょう。」

着いた場所は、オーガニックファームという自然農法でお米を作ったりハーブを育てているところでした。

やたらだだっ広いので、野生の象も出て来たりするそう。

数年後には、ここに木材だけを使ってコテージ(?)を建てる予定なんですって。

b0247609_14444870.jpg

オーガニックファームのスタッフたちと記念撮影。

サナットさんの幼馴染でもある。



「ほら、シーギリヤロックが見えて来ましたよ!」

b0247609_14463614.jpg

遥か彼方にそびえ立つシーギリヤロック。

b0247609_14541232.jpg

シーギリヤロックを背に記念撮影。

明日の朝には、これに登ります。

久々に登るんだけど、アタシの体力で大丈夫なのだろうか?(不安)
[PR]
Commented by aba-n-c at 2012-06-14 17:40
私は未だ登った事がないのょ!
早く登らないと間に合わなぃ~。

蛇は嫌いですが、可愛そうでしたね。

涅槃像の足だけ・・・
次回は必ずお手ても、お願いします。
Commented by sundary at 2012-06-15 08:30
ステキなところですよ、シーギリヤロック。
いつかアッカとも一緒に行きたいです、スリランカ。

最初はヘビに見えなかったんです。
小学生が使うビニール製の縄跳びか?・・・・・・みたいな。
この場所に舗装された道路が出来たせいで犠牲になっちゃった。
そういう意味では、ガタボコ道でもいいから自然を残して欲しい。

あ、お手々ですね、また観光旅行しなくっちゃ!
by sundary | 2012-06-14 14:59 | スリランカ | Comments(2)