また行って来ちゃったぜ!スリランカ Part2

どうもすみません、ごめんなさい。

忙しかったんです。本当です。

週末は、あれやこれやな感じでPCを立ち上げる時間がないんです。

本当です。

なので、週末になる前に出来る限り更新するつもりです。

本当です。

でも、あれやこれやな感じで更新出来なかったらごめんなさい。








さ、言い訳はこれぐらいにして

続き、いきますよ~。用意はいいかい?






Negomboは、空港から車で30分かかるか、かからないかぐらいの近い場所なので

この日の宿泊先、パラダイスビーチホテルのチェックインを済ませ

ガイドのサナットさんと、ドライバーのチャンナさんとは明後日までお別れ。

アタシのワガママで、次の日の一日をNegomboでまったりと過ごす日程を組ませていただいたワケです。

CHRちゃんのための観光旅行なのにね。(・ω・A;)アセアセ


ホテルマンに荷物を運んでもらい、まだ寝るには、ちと早い。(夜の8時半ぐらいだったかな)

CHRちゃ~ん、ちょっと近所まで遊びに行きませんか~?

CHRちゃん、疲れてたかもしれないのに嫌な顔一つせず、快くついて来てくれました。


さて、今回もまた何の連絡もせずにやって来てしまったNegombo。

突然の来訪は毎度のことなので、誰もそんなに驚きゃしないんだな。(笑)

それでも、ふら~~っとやって来たアタシとCHRちゃんを見て

「アキ~~コ~!」←アタシの本名です

タイミング良く、薄暗い玄関先にいたのは

アンミ(お母さん)・ターッティ(お父さん)・ダルシャーニ親子・ビヨン

・・・・と他にも誰かいたかしら?

何せ、薄暗いのに街灯もないし、褐色の肌をした皆さんだから

よぉ~~~く目をこらして見ないとわからんのですわ。

アタシも近眼と乱視ですしね。(困)

「いつ来たの?」

「今、来たばかりだよ。今回は娘の友達を連れて来てるのよ」

「娘はどうして連れて来なかったの?」

「だって娘には、小さい赤ちゃんがいるから連れて来れないじゃ~ん!」

「いつまでいるの?」

「今回は一週間だけなんだけど、スリランカを観光して来るから明後日には出かけちゃうんだ」

「明後日は、どこに行くの?」

「明後日はシーギリヤに行くよ」

「また戻って来る?」

「土曜日に戻って来るよ」

Negomboに滞在するのが明日までと聞いて、残念がるアンミたち。

ず~っと、Negomboにいられなくて、ごめんよ~~!

「さ、さ、椅子に座って!ご飯食べた?紅茶、飲む?」

機内食が2回も出てましたからね、さほどお腹もすいてないので

「お腹いっぱいだから大丈夫だよ」と言ったら、ターッティがジュースを買って来てくれました。


あぁ・・・・・ここまでの会話は、ほとんどシンハラ語だったのでCHRちゃんには何を話してるか

ちんぷんかんぷんだったかもしれません。(汗)



それにしても、玄関先でみんなして何をしてたのかしら?

「みんなで内職してるのよ~」

そう言えば、布生地を丸めて輪ゴムで止めたような物体がごろんごろんしてるな。

「ズボンをこうやって小さく折りたたんで輪ゴムで止めるの」

あぁ、それで、あそこにズボンが山積みされてるんですか?

スリランカにこんな内職があるなんて、初めて知りましたよ。

そうこうしていたら、ビノーツがやって来ました。

ビノーツは、この家の三男坊でダルシャーニのダンナですよ。

アタシは、この二人の結婚式にも参列しちゃってるんですわよ。

その時のブログを見てみたいな~~って人は

ここらへんをクリックしてくださいな。


あ、そうだ、そうだ!

すっかり忘れてたけど、長男夫婦の結婚パーティにも、ちゃっかり参加してたんでした。(笑)

もうだいぶ前の話しなんで、うっかりブログを消しちゃって焦ってキャッシュを残してありますが

コレも見てみたいな~~って人はここらへんをクリックしてみてくだい。

あ、もしうまく見られなかったら諦めてね。(ナニソレ?)


すみません、話が脱線してしまいましたが

ビノーツが、浜辺に住むニシャンカに電話をかけてくれたので

アタシたちが浜辺の家に行くまでもなく、ニシャンカの方からやって来てくれました。

英語が話せるニシャンカが来てくれたおかげで、CHRちゃんもやっと話せる相手が出来ました。

むしろアタシよりもCHRちゃんとニシャンカは、喋りまくってたんじゃないかってぐらい。



ここまで来て、一枚も画像がないやん!?

・・・・・・と思われた方。

すいませ~~~ん、なんかもう半年ぶりの再会が嬉しかったのと、話しこんじゃったのとで

カメラを取り出すヒマがなかったんですの。(ぽりぽり)

前回、ここに来た時には、改装中だった家が

すっかりキレイになっていて、アンミ一家は二階を居住スペースにしていました。

前は、ここにパキスタン人一家が間借りしていたんですけど

一家でアメリカに行っちゃったんですって。

「アキ~コ、今夜はホテルに泊まるんでしょ。明日はうちに泊まりなさい!」

出た~!アンミの自己中発言!!!Σ(|||▽||| )アゥ!


アタシたちがわいわいやってるところに、スキンヘッドで強面の兄さんたち3人が外から入って来た。

だ、誰?!

「今、下の部屋を貸している人たちよ」←アンミの言葉

「Hi ! Where are you from ?」

ぐわぁ~!英語で話しかけられちゃったよ!!!

兄さんたち、スリランカ人じゃないの~?

「Yeah ! I'm アフリカ~ン!」

たどたどしいアタクシの英語に、優しく答えてくれた強面の兄さんなのでした。

アフリカンな兄さんに慣れてないアタシは、内心ちょ~~ビビりまくる。(脂汗)



気がつけばもうすっかり夜も更けてしまってるじゃない!

ニシャンカにホテルまで送ってもらい(はす向かいなので、送ってもらうまでもない距離なんだな)

明日に備えて、ぐっすりと爆睡したアタシなのでした。

CHRちゃんは眠れたかな?



次から画像は、ありますよ~♪
[PR]
Commented by 松潤子 at 2012-06-04 18:33 x
お二人とも、無事に第二の故郷であるスリランカに無事に着いて何より~

娘さんのご友人さん、素晴らしい思い出となりますように~

パトちゃん、サポートヨロスク!(*`◇´*)ゞ
Commented by aba-n-c at 2012-06-04 21:23
カメラを持ち歩いていても、撮り忘れ(面倒)があるわね?
2週間の滞在だったら見てきて欲しいところがあったんょ!(残)
マーマイトありがとう!
オーストラリアのは野菜のマーマイトで味はイマイチだからスリランカの方が美味しい!

アンミは相変わらず太ってましたか?

Commented by sundary at 2012-06-05 08:14
松潤子さん、おかげさまで無事に飛んで行けました。
果たして素晴らしい思い出になることが出来たのかしら~?
Commented by sundary at 2012-06-05 08:17
蘭花アッカ、見て来て欲しいところ・・・・・・・どこだったんだろう?
大家さんのアンミも、浜辺のアンミも会うたびに太っていくような感じです。(・ω・A;)
by sundary | 2012-06-04 15:19 | スリランカ | Comments(4)